a0007_001104

思わぬ落とし穴!年収交渉で注意すべき質問とは


年収アップのために転職を考える人も多いのではないでしょうか。
私もこれまでの転職歴で年収アップを目的に転職したこともあります。
そこで今回は年収交渉で是非気をつけていただきたいある質問を紹介したいと思います。

その前に、年収交渉ですが、プロのスポーツ選手のように、何年契約で、出来高がいくらだ、条件としてあれを付けるこれを付けると何週間もかけて交渉することは1000万円程度であればまず無いと思います。数千万クラスの方はそういった交渉があるかもしれませんが。

基本的に以下の流れです。

1.面接で希望年収を聞かれて答える

2.後日、採用・不採用の通知がある

3.採用の場合、採用通知とあわせて条件が提示される

4.条件が合えばOKの連絡、条件が合わなければ断る

1のタイミングは、初回の面接で聞かれたり、最終面接まで言ってから聞かれたりと様々です。
ただ、聞かれることはほぼ決まっていて、次の3つぐらいです。

・前職の年収と内訳を教えて下さい
・希望年収はいくらですか
・最低いくら欲しいですか

ここで最も注意しなければいけないのが「最低いくら欲しいですか」という質問です。

例えば、今現在年収500万円で、転職を機会に100万円以上の年収アップを目指しているとします。

そこでまず、「希望年収はいくらですか」と聞かれるわけです。
正直にこう答えたとします。

『600万円です。』

次に、例の質問が来ます。

「最低いくら欲しいですか」

今より上がればと言うことでこう答えます。

『最低でも550万円は欲しいです。』

後日、めでたく採用の通知が来ました。そこにはこう記載があります。

年収550万円

自分としては希望年収が満たされることを期待しているわけですが、会社側からすれば、最低額を満たせばうちの会社に来てくれるんだなとしか思っていません。つまり、面接を受ける側と、採用する側では以下のようなズレがあるのです。

自分:
希望年収=これだけ貰えれば年収に関しては文句なし。
最低年収=他の条件も見て考えようかな。

企業:
希望年収=とりあえず聞いてみただけ。
最低年収=この額さえクリアしてればうちに来てくれるんでしょ。

プロスポーツ選手であればまだまだここから条件をすり合わせてまだまだ交渉の余地はあるのかもしれませんが、基本的に一般企業相手に交渉の余地はありません。なぜなら、採用通知を出す時点で社長なり偉い方の決裁が下りているため、改めて決裁を取り直すということはまず無いからです。

せっかく、採用通知を受けとったのにどこか不満感が残っているということがないよう、最低年収を聞かれた場合には希望年収だと思って答えましょう。

転職を考えたらまず見るべきサイト5つ


私が転職活動時にお世話になったサイトを集めてみました。

リクナビNEXT

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/
言わずと知れた転職サイト。ここでレジュメをしっかり作っておけば、実際の転職活動時に素早く行動に移せる。企業からのオファーも転職のモチベーションアップに繋がる。

 年収ラボ

http://nensyu-labo.com/
上場企業の年収情報のほか、年収に関する様々な統計情報を見ることができる。業種・業界の年収傾向や業界内で年収の高い企業を調べるのに役立つ。

 上場企業年収ランキング

http://yoikaisha.com/
30歳時に特化した上場企業の年収ランキング。同じ年齢で年収比較できるという点で利用価値は高い。

 キャリコネ

http://careerconnection.jp/
要登録。給与明細形式で年収情報を見ることができる。社員、元社員による投稿なのでより実態に近い情報が入手できる。上場企業以外が登録されている点もGood!登録時に自身の年収情報の入力が必要。

 Vorkers

http://www.vorkers.com/
現社員・元社員が様々な視点で、所属(していた)企業を評価。企業の内情を把握に役立つ。

必要な人は10人に1人!?エンジニアに英語力は必要か


結論から言いますと、必要な人は必要でしょうし、要らない人は要らないでしょう。
はい、終了。
って、いやいやそんな記事を書くつもりは無いです。正確に言うと必要ないと思っている人は要らないというのが正しいかも。

外資系に勤めている限り、求められるレベルは人それぞれですが全く必要ないという人はほぼいないでしょう。英語嫌いな人はそこそこいますが。。。

では日系企業に努めている場合はどうかというと、必要ないと思っている人は要らないというのが私の答えです。

以前、IT企業に勤める友人にこんなことを言われました。
「英語が必要な人は10人に1人なんだって。それを聞いて勉強する気がなくなっちゃたよ。」

確かに、本当に英語が必要な人はそんなものだと思います。ただ、だからといって勉強する気をなくすのはどうかなぁと思うわけです。周りがどうであれ自分が必要だったら勉強すればいいと思うんですよね。むしろ勉強しないから英語の重要性に気づいていないだけで、やればやるほどもっと英語力が必要だと気づくものです。

日本語の情報だけで足りている人は、英語が読める必要は無いでしょう。
海外のエンジニアに問い合わせする機会がなければ、英語が書ける必要もないでしょう。
海外のトレーニングを受講する機会がなければ、英語が聞ける必要も話せる必要も無いでしょう。
ただし、自分が閉じられた狭い部屋にいるということだけはお忘れなく。

私自身、日系企業にいる頃から英語の勉強は続けてきました。初めはそれほど英語力を必要とはされていませんでした、英語力が付くにつれて仕事の幅も次第に広がって行きました。それにともなって、どんどん英語力が必要とされるようになってきました。友人の言葉に戻りますが、英語が必要な人は10人に1人というのは、私としては英語力を仕事で使えるようになれば10人に1人の価値ある人材になれるというだと思うんです。

さて、あなたにとって英語力は必要ですか?

あなたは満たしてる?外資系に向く人材10の条件


私が外資系企業で実際働いて感じている、外資系に向く人の条件を上げて見ました。さて、あなたはいくつ当てはまりますか?

・ダラダラ残業しない
外資系企業の多くが年俸制です。日系企業のように時間に大して給料が支払われるのではなく成果に対して給料が支払われます。ダラダラ仕事をしていても何一ついいことはありません。テキパキ仕事をこなせばそれだけ自分の時間を作ることもできます。

・年齢によって態度を変えない
外資系では年功序列という考え方は通用しません。年下だからといって名前を呼び捨てにするような人は出世できません。グローバルに働く上で、年齢だけでなく、人種、国籍など差別は言語道断です。

・自己監理できる
外資系企業では放置プレーが当たり前です。とにかくすべてにおいて自分で考えて行動する必要があります。仕事の進め方はもちろん、将来のキャリアについても自分で考えて、実現に向けて自ら行動していかなければいけません。自ら行動できない人はどんどん居場所がなくなっていきます。

・プロセスより結果を重視できる
とにかく結果が重要です。土日返上で働いたとしても、プロジェクトが失敗に終われば評価にはつながらないでしょう。いくら頑張っても、結果に繋がらなければ評価されないのです。そういう意味で、何をすれば結果につながるのかを考えて行動できる人が成功する人と言えます。

・自己アピールが得意
簡単に言うと自画自賛出来る人はかなり有利です。正直なところ、目立ったもの勝ちみたいなところは結構あります。逆に成果を出しているのにアピールできない人はかなり損をします。私の会社では日々、「案件受注しました!」と言った、自画自賛メールが飛び交っています。

・ポジティブ思考
転んではただでは起きない打たれ強さを持った人は外資系に向いています。あれだけの失敗をしておいて、よくそんなポジティブな捉え方が出来るなという人が経営層に多いです。

・他人を褒めるるのが上手い
飲み会になると社内の人間の愚痴ばかり言っていませんか?そんな人は外資系NGです。私の会社だけかもしれませんが、とにかく人を褒めます。いくらダメな人でも、僅かないいところを見つけて褒めます。他人を褒めることが、回りまわって自分を褒めてもらうことにつながるということなのでしょう。そして、他人から評価されることが、プローションにもつながります。

・競争心が強い
日系企業のように取り敢えず長く勤めていれば年々給料が上がっていくということはありません。結果を出した人が昇給し、結果を出せなかった人は去っていくことになります。常に人より結果を出そうという気持ちがある人でないと外資系で生き残ることは難しいでしょう。

・チャレンジ精神が旺盛
結果を出すことと同時に重要になるのが、新しいことへのチャレンジです。
目立った者勝ちと書きましたが、目立つためには誰もやったことがない新たな分野にチャレンジすることが手っ取り早い方法です。さらにそこで結果を出すことが出来れば大きなアピールにつながるでしょう。

・趣味を持っている
趣味は何ですか?と聞かれてすぐに答えられないようではダメです。今の会社に入って多趣味な人が多いのには驚きました。効率よく仕事をこなし、ONとOFFの切り替えが出来る人が多い証拠だと考えています。趣味が無いとつまらない人間と思われるだけでなく、仕事に追われて余裕のない人と思われかねません。

photo by: Biscarotte

辞める辞めると言っている人に限って辞めない法則


あなたの周りにもいませんか?事あるごとに「こんな会社辞めてやる!」といっている人。私の周りにもちらほらいました。そして、そんな人ほど辞めないんですよねー。結局そういう人って、「○○さん、そんな事言わず残ってください。○○さんがいないとこの会社回って行きませんよ。」という感じに、周りが止めてくれてるのを期待して言ってるんですよね。それで自分の存在意義を確認しているだけなんです。間違ってもそういう方に「やめればいんじゃないですか?」みたいなことは言ってはいけません。本気で切れられますから。

本気で辞める人って周りに悟られず着々と準備を進めるものです。そして準備が整ったらスパっと辞めていきます。社内の人に相談しても面倒な事になるだけですから。

私もこれまで3社辞めてきたことになりますがいずれも直前までそんな素振りは見せず普通に働いていました。特に2社目を辞める時は自分でもやりすぎたかなと思っています。どんな感じだったかというと、次の会社が決まった翌日、上司を「ちょっとお話ししたいことが」と言って会議室に呼び出しました。席に着くなり懐にしまっていた辞表を取り出して、「○月○日までで辞めさせて頂きます」と言いました。まるでドラマのようですが本当の話です。くれぐれも円満に退社したい方は真似しないでくださいね。

人材斡旋業界の裏側を垣間見た私の実体験


派遣で働いていた1社目を辞めて、次の仕事を探している時の出来事です。
派遣で働き続けることの危うさを感じ、正社員で働こうと地元で色々と仕事を探していました。
当時は業界自体の採用活動が鈍っていたこともあり、地元で自分の思うような求人はなかなか見つかりませんでした。
数少ない求人のなかからなんとか面接にこぎつけたとしても、「経験不足」を理由に不採用が続きました。
どの企業も経験豊富な「即戦力」となる人物を求めていたのです。

そんなある日、ある人材紹介会社から電話がかかってきました。
電話に出てみると、1社目を決める前にいくつか登録した人材紹介会社の1つのA社からでした。

A社担当:「ゆーすけさん今お仕事お探し中ですか?」

ゆーすけ:『あ、はい』

A社担当:「紹介したいお仕事があるんですが」

派遣であれば断ろうと思っていたのですが、今回は個人事業主として紹介先の企業で働いてみないかとういうことでした。
いまいちピンとこなかったのですが、仕事の内容は悪くなさそうだったことと、なかなか仕事が決まらなかったこともあり、取り敢えず話を聞いから仕事を受けるかどうか決めることにしました。
詳しい話は紹介先を訪問して直接聞いてほしいということで、訪問日と紹介会社A社の担当者との待ち合わせ場所を決めて電話を切りました。訪問先の企業はこの時点では教えてもらえず訪問日当日を迎えることになりました。

少し早めに待ち合わせ場所に着き、待っているとA社担当がやって来ました。

A社担当:「ゆーすけさん、こんにちは」

ゆーすけ:『あ、どうも、こんにちは』

A社担当:「これから会ってもらいたい方がいるので付いて来てください」

ゆーすけ:『あ、はい』

会ってもらいたい人?訪問先の企業に行くのでは?と少し疑問を持ちつつもA社担当の後に付いていきます。
その間、今回は個人事業主として働いてもらうことと、それに関する簡単な説明を受けました。
それに続いて、A社担当からこんな話がありました。

A社担当:「これから、B社の○○さんという女性の方に会います。その方が実際今回のお仕事を紹介してくれる方なので、その方について訪問先に行ってもらえますか。」

ゆーすけ:『えっ、そうなんですか・・・・・わかりました。』

さらに疑問が膨らみますが、言われるがままについていくと、1人の女性が待っていました。

A社担当:「どうも、いつもお世話になります。ご連絡した方をお連れしました。」

女性:「いつもお世話になります。」

女性は、私に向かって名刺を出しながら、

女性:「私B社の○○と申します。本日はよろしくお願いします。」

ゆーすけ:『ゆーすけです。よろしくお願いします。』

名刺を受け取ると、すぐさまA社担当が、

B社女性:「それでは、あとはよろしくお願いします」

女性:「わかりました」

B社女性:「ゆーすけさん。では、あとはこの方に付いて行って下さい」

ゆーすけ:『あ、はい』

B社女性:「では、私はこれで」

っと行って、A社担当は帰っていきます。状況が飲み込めないでいると女性から。

B社女性:「これから向かう会社には、B社の社員ということでお願いします」

ゆーすけ:『???えっ』

状況が飲み込めないところに追い打ちをかけるB社女性。
何から聞けばいいのか迷っているうちに、

B社女性:「ここです。とにかくB社の社員ということでお願いしますね。」

ゆーすけ:『はあ』

どういうこと?ここが紹介先?全く状況がわからないまま女性について部屋に通されます。
そこには、オヤジと呼んで差し支えのない年代の男性が1人待っていました。

B社女性:「いつもお世話になります。」

C社男性:「あーどうもどうも」

B社女性:「こちら、弊社のゆーすけです」

ゆーすけ:『ゆーすけです』

C社男性:「C社の○○です。まぁ、座って下さい。」

と言って、渡された名刺を受け取り、言われたとおり着席するゆーすけ。
その後、B社女性とC社男性が話し始める。
それを聞いているとどこか雲行きが怪しい。

C社男性:「じゃあ、そろそろ時間なんで行こうか。ゆーすけさん、これから勤務先になる会社に行って担当者と面談をしてもらうんで、仕事の内容とか詳しい話はそこで。」

やはりそうきたかと心のなかでつぶやく自分。2人の会話を聞いているとなんとなくここが勤務先ではないことは想像できました。
ここまで来たらもう驚きを通り越して冷静になってきます。

ゆーすけ:『で、勤務先はどちらでしょうか』

C社男性:「D社でこの近くにあるんだけど。」

そう来たか!
ここまで来ると何が起きても不思議ではないと思いつつもここまでの偶然があるんだーと変に感心してしまった。
このD社というのが半年間働いていた派遣先の会社だったのです。

ただ、派遣で通っていたのは支社で、この時行ったのは本社かつ部署も違ったので特に知っている人がいたわけではなく、大きなトラブルは起きませんでした。

面接ではD社の支店で働いていたことも包み隠さず話しました。その上で、ぜひうちで働いてほしいというお話を頂きましたが、丁重にお断りしました。だって、怖くて働けないですよね。間にこれだけ謎な会社が挟まっていると。

サラリーマンが年収1000万円を超えるためのたった1つの必須条件とは


年収1000万円を超えられればと思っているサラリーマンも多いのではないでしょうか。私自身も1つの目標にしている数字です。まだ超えていないのにこんな記事を書くなと言われそうですが、射程圏内に捉えたと感じている今だからこそ書かせてください。

みなさんなら年収1000万円を超える必須条件と言われて何が思い浮かびますか。
学歴?才能?努力?人脈?

どれも必須ではないと私は思っています。

私の答えは、「年収1000万円もらえる可能性のある会社で働くこと」です。

なにそれ?そんなの当たり前じゃないかと言われそうですが、案外間違った認識を持っている方が多いです。

自分がこれだけ頑張って500万円しかもらっていないのだから年収1000万円の人はもっと頑張っているのでは?と考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。年収500万円の人より年収1000万円の人が必ずしも優れているとは限りませんし、必ずしも努力しているとも限りません。

別の言い方をすると、会社の給与体系的に年収800万円が上限の会社でいくら働こうが年収1000万円を超えることは出来ません。大切なのは、年収1000万円もらえる可能性のある会社に勤めて、そこで結果を出すことです。

初めに「射程圏内に捉えた」と書きましたが、私の会社には年収1000万円超の人がゴロゴロいます。年収2000万円超の人もそれなりにいると思います。つまりは、今現在私は必須条件を満たしていることになります。

後は自分の努力次第で、近い将来、年収1000万円を超えられると確信しています。

転職で年収100万円以上アップさせた面接に対する4つの考え


みなさんは面接をどういう場だとお考えでしょうか。
何を今更と思われるかもしれませんが、これってかなり重要です。
面接を生かすも殺すも考え方次第。
3回の転職で合計数十回面接を経験した私の面接に歓待する考え方について書きたいと思います。

・面接とは自分という商品を売り込む場である

ほとんどの方はこう思っているのではないでしょうか。
基本的にこれで間違いありません。
むしろこの考え方を持っていない人は転職は諦めたほうがいいです。

自分という商品を買ってもらえるように、自分の持っているものを100%アピールしてください。
ただアピールしていいのは100%までです。
自分の持っている以上のものをアピールするのは、ウソを付いていることになります。
仮にそれで採用されたとしても入社後大変なことになりますのでくれぐれもご注意ください。

・面接とは応募先の企業を見極める場である

これ重要です!
自分を売り込むことに必死になって応募先がどんな企業なのか全く聞いていなかったというのは結構ありがちな話です。
面接は企業があなたを見極める場であると同時に、あなたが企業を見極める場なのです。
この点に関してはどちらも同じ立場にあると考えてください。
いくら圧迫面接であったとしても、堂々とした態度で臨みましょう。
また、いくら企業側があなたに興味を持っていたとしても、あなたがその企業に魅力を感じなければキッパリお断りしましょう。
実際私も先方に魅力を感じなければオファーを頂いたとしても丁重にお断りしています。

・面接とは自分の価値を知るための場である

あなたの会社にあなたの価値を客観的に判断してくれる人がいるでしょうか。
あなたの上司でも、結局は同じ社内の人間との比較で、会社の評価基準に従ってあなたを評価しているだけです。
面接では、あなたの実績から応募先の企業の評価基準に従ってあなたの価値が評価されることになります。
社内の誰も気づいてくれなかったあなたの価値に気づいてくれるかもしれません。
その逆に、今の企業の方が十分にあなたのことを理解してくれているということに気づくことができるかもしません。
私自身自分の価値を知るために、それほど転職する気がなくても、先方から声がかかった場合には面接に行ったことは何度かあります。

・面接とは今業界で必要とされている人物像を知る場である

面接する側の企業としては、今手薄だけれどもこれから力を伸ばしていきたいという分野に人材を補充することがほとんどでしょう。
縮小している分野に新たに人を追加するというのはまず考えられません。
そういった点で、今企業が求めている人物像が今後業界で高く評価される可能性の高い人物と言えます。
たとえ面接がうまく行かなかったとしても、それを知ることが出来れば今後自分自身がどう成長していけばいいのか目標が見つかるはずです。
ただ合否だけにとらわれるだけでなく、最大限に面接という貴重な場を活用することで結果的にあなたの価値を高めることにつながるでしょう。

転職で年収はこう変わった!転職経験3回の私の場合


転職を考えるには色々理由があると思います。その中でも年収UPが第1という方も多いはず。
実際私も2社目から3社目への転職の大きな理由が年収UPでした。

では、実際のところ転職で年収は上がるのでしょうか?
私の場合はこうです。

1社目から2社目:360万円から400万円 (40万円アップ)
2社目から3社目:480万円から620万円 (140万円アップ)
3社目から4社目:680万円から800万円 (120万円アップ)

年収推移についてはこちらの記事を御覧ください。
7年間で年収2倍以上。経歴と年収推移を紹介するよ

いずれも年収アップにつながっています。
もう少し詳しく見ていきます。

・1社目から2社目
2社目に転職する際、特に年収交渉した覚えがありません。
取り敢えず正社員で働ければという気持ちがあったので、私としてもそれほど年収には拘っていませんでした。
月収は派遣時代とそれほど変わらず、正社員になったことでボーナス分だけ年収増につながりました。

・2社目から3社目
この時の転職は年収アップが大きな理由の1つでした。
自分の価値に対して給料が安すぎると感じていましたので、3社目を決める際の最低条件として年収600万円以上を希望として出していました。
それが通る形で、結果的に140万円アップが実現できました。

・3社目から4社目
この時はそれほど年収に拘っていた訳ではありませんが、あるテクニック(?)により120万円アップが実現できました。


私の場合、3回の転職がいずれも年収アップにつながりましたが、転職で必ずしも年収が上がるとは思っていません。
年収が上がるからにはそれなりの理由があります。
それについてはまたいずれ書きたいと思います。

7年間で年収2倍以上。経歴と年収推移を紹介するよ


いきなりですが、私、ゆーすけの略歴と年収の推移を紹介します。
年収の推移は下のグラフをご覧ください。

年収推移


※一部働いている期間が一年に達していない年がありますが、そこについては月収をベースに載せていますので、実際の年収とは異なりますのでご了承ください。

詳しい話はおいおい書くとして経歴をざっと紹介します。

1.人材派遣 A社 時代

23歳からスタートということで、普通なら新卒1年目と言うことになりますが、私の場合は違います。
この年大学院を3ヶ月ほどで休学して半年ほど派遣で働いていました。
派遣の仕事につくまでにも色々苦労はあったのですがそれはいずれ書きたいと思います。
その間平均すると月30万円ほどでしたので、年収換算で360万円としています。
某メーカーのサーバー上でLinuxの動作確認をする仕事をしていました。
仕事で食っていけるめどが立ったので、大学院は正式に退学することにしました。

2.大手SIer B社 時代

仕事は順調でしたが派遣を続けることに不安を感じたため半年ほどで派遣の仕事は辞めました。
そこで新たな仕事探しを始めてわけですがかなり苦労しました。
ここでの苦労話もいずれ書くとして、新たに見つけた転職先が大手SIer B社でした。
取り敢えずまともな仕事につければ十分!と、年収にはあまり拘らず入社を決めました。
はじめの年で年収400万円ほどでその会社にいた同年代と同水準の年収だったと思います。
ここで初めてネットワークの仕事をすることになりました。

3.大手SIer C社 時代

年収UPとキャリアを積むためにC社に入社しました。
条件として最低年収600万を希望していました。
2社内定をもらいましたが、より仕事に魅力を感じたC社に入社しました。
C社時代は主にネットワークセキュリティに関する仕事をしていました。

4.外資系メーカー D社 現在

C社での仕事には満足していましたが、家庭の都合で地元に帰る必要が出てきました。
社内転勤で地元に戻れたもののそこでの仕事が合わず退職することにしました。
その後、1年弱の充電期間をおいてD社に入社しました。
この時はそれほど年収に拘ってはいなかったのですが、ちょっとしたテクニック(?)で結果的に年収800万で内定をもらいました。

ざっと経歴はこんな感じです。
詳しい話は今後少しずつ書いていくつもりです。