Category Archives: 面接

a0007_001104

思わぬ落とし穴!年収交渉で注意すべき質問とは


年収アップのために転職を考える人も多いのではないでしょうか。
私もこれまでの転職歴で年収アップを目的に転職したこともあります。
そこで今回は年収交渉で是非気をつけていただきたいある質問を紹介したいと思います。

その前に、年収交渉ですが、プロのスポーツ選手のように、何年契約で、出来高がいくらだ、条件としてあれを付けるこれを付けると何週間もかけて交渉することは1000万円程度であればまず無いと思います。数千万クラスの方はそういった交渉があるかもしれませんが。

基本的に以下の流れです。

1.面接で希望年収を聞かれて答える

2.後日、採用・不採用の通知がある

3.採用の場合、採用通知とあわせて条件が提示される

4.条件が合えばOKの連絡、条件が合わなければ断る

1のタイミングは、初回の面接で聞かれたり、最終面接まで言ってから聞かれたりと様々です。
ただ、聞かれることはほぼ決まっていて、次の3つぐらいです。

・前職の年収と内訳を教えて下さい
・希望年収はいくらですか
・最低いくら欲しいですか

ここで最も注意しなければいけないのが「最低いくら欲しいですか」という質問です。

例えば、今現在年収500万円で、転職を機会に100万円以上の年収アップを目指しているとします。

そこでまず、「希望年収はいくらですか」と聞かれるわけです。
正直にこう答えたとします。

『600万円です。』

次に、例の質問が来ます。

「最低いくら欲しいですか」

今より上がればと言うことでこう答えます。

『最低でも550万円は欲しいです。』

後日、めでたく採用の通知が来ました。そこにはこう記載があります。

年収550万円

自分としては希望年収が満たされることを期待しているわけですが、会社側からすれば、最低額を満たせばうちの会社に来てくれるんだなとしか思っていません。つまり、面接を受ける側と、採用する側では以下のようなズレがあるのです。

自分:
希望年収=これだけ貰えれば年収に関しては文句なし。
最低年収=他の条件も見て考えようかな。

企業:
希望年収=とりあえず聞いてみただけ。
最低年収=この額さえクリアしてればうちに来てくれるんでしょ。

プロスポーツ選手であればまだまだここから条件をすり合わせてまだまだ交渉の余地はあるのかもしれませんが、基本的に一般企業相手に交渉の余地はありません。なぜなら、採用通知を出す時点で社長なり偉い方の決裁が下りているため、改めて決裁を取り直すということはまず無いからです。

せっかく、採用通知を受けとったのにどこか不満感が残っているということがないよう、最低年収を聞かれた場合には希望年収だと思って答えましょう。

転職で年収100万円以上アップさせた面接に対する4つの考え


みなさんは面接をどういう場だとお考えでしょうか。
何を今更と思われるかもしれませんが、これってかなり重要です。
面接を生かすも殺すも考え方次第。
3回の転職で合計数十回面接を経験した私の面接に歓待する考え方について書きたいと思います。

・面接とは自分という商品を売り込む場である

ほとんどの方はこう思っているのではないでしょうか。
基本的にこれで間違いありません。
むしろこの考え方を持っていない人は転職は諦めたほうがいいです。

自分という商品を買ってもらえるように、自分の持っているものを100%アピールしてください。
ただアピールしていいのは100%までです。
自分の持っている以上のものをアピールするのは、ウソを付いていることになります。
仮にそれで採用されたとしても入社後大変なことになりますのでくれぐれもご注意ください。

・面接とは応募先の企業を見極める場である

これ重要です!
自分を売り込むことに必死になって応募先がどんな企業なのか全く聞いていなかったというのは結構ありがちな話です。
面接は企業があなたを見極める場であると同時に、あなたが企業を見極める場なのです。
この点に関してはどちらも同じ立場にあると考えてください。
いくら圧迫面接であったとしても、堂々とした態度で臨みましょう。
また、いくら企業側があなたに興味を持っていたとしても、あなたがその企業に魅力を感じなければキッパリお断りしましょう。
実際私も先方に魅力を感じなければオファーを頂いたとしても丁重にお断りしています。

・面接とは自分の価値を知るための場である

あなたの会社にあなたの価値を客観的に判断してくれる人がいるでしょうか。
あなたの上司でも、結局は同じ社内の人間との比較で、会社の評価基準に従ってあなたを評価しているだけです。
面接では、あなたの実績から応募先の企業の評価基準に従ってあなたの価値が評価されることになります。
社内の誰も気づいてくれなかったあなたの価値に気づいてくれるかもしれません。
その逆に、今の企業の方が十分にあなたのことを理解してくれているということに気づくことができるかもしません。
私自身自分の価値を知るために、それほど転職する気がなくても、先方から声がかかった場合には面接に行ったことは何度かあります。

・面接とは今業界で必要とされている人物像を知る場である

面接する側の企業としては、今手薄だけれどもこれから力を伸ばしていきたいという分野に人材を補充することがほとんどでしょう。
縮小している分野に新たに人を追加するというのはまず考えられません。
そういった点で、今企業が求めている人物像が今後業界で高く評価される可能性の高い人物と言えます。
たとえ面接がうまく行かなかったとしても、それを知ることが出来れば今後自分自身がどう成長していけばいいのか目標が見つかるはずです。
ただ合否だけにとらわれるだけでなく、最大限に面接という貴重な場を活用することで結果的にあなたの価値を高めることにつながるでしょう。