Category Archives: 年収アップ

a0002_006860

転職で年収を100万円以上アップさせるためにやった4つのこと


これまで3回の転職を経験してきましたが、そのうち2回で100万円以上の年収アップに成功しました。年収アップするには経験や実績がすべてのように思われがちですが、実際にはそれだけではありません。年収をアップさせるためにはやるべきことがあるのです。私もこれから挙げる4つのポイントを実践することで年収アップに成功しました。これらのポイントを押さえれば、きっとあなたも転職で年収をアップさせることができるはずです。


・具体的な目標額を決める
漠然と「もっと給料が欲しい」と思っているだけでは大幅な年収アップは実現できません。まずは、自分が年収いくらを目指しているのかを明確にする必要があります。今現在年収が500万円で100万円アップさせたいなら600万円が目標額です。このように具体的な金額を設定します。


・乗せられるものは全部乗せる
転職時にほとんどの場合、現在の年収がいくらなのか聞かれます。採用する企業側はその金額を基準にして、本人の希望や経験、能力等を考慮して採用者の給料を決定します。現在の年収が500万円の人と1000万円の人がいたとすると、当然ながら現在年収1000万円の人のほうが転職後も給料が高くなるわけです。つまり、現在の年収はできるだけ高く見せたほうが転職時に有利なのです。でも、もちろんウソはいけません。では、どうすればいいのかというと、額面に現れないけれども実質給料と同等ものは年収と合わせて申告します。例えば、家賃補助です。月々の給料に加えて金銭をもらっている場合は上乗せできませんが、一旦会社が社宅や寮扱いで借り上げて、家賃負担分を控除した額を会社に支払うという場合があります。例えば、本来の家賃が10万円のところ、3万円分の補助が出て7万円しか払っていなければ、3万円×12ヶ月=36万円 年収に上乗せ出来ます。

注意点として、応募する企業によって源泉徴収票や給与明細の提出が求められることがあります。そういった場合に備えて、誤解のないよう、トータルいくらでその内家賃補助分が○○万円というように、上乗せした分ははっきりさせておいたほうが無難です。


・最低ラインをはっきり伝える
思わぬ落とし穴!年収交渉で注意すべき質問とは」でも書きましたが、面接では「希望年収」と「最低いくら欲しいか」を聞かれます。ここで間違っても、設定した目標額を希望年収として伝えてはいけません。最低ラインが目標額なのです。また、伝え方は曖昧ではいけません。はっきり「最低600万円は欲しいです。」と伝えます。よく転職のノウハウとして希望年収ははっきり答えず「貴社の水準に従います。」と曖昧に答えるのが良いみたいなことが書かれていたりしますが、年収アップを目指す上では間違いです。あくまでそのよう回答は面接に通るための回答であって、年収アップのための回答ではありません。妥協して転職できたとしても、のちのち不満が溜まるだけです。ダメならダメでまた別の企業を探せばいいぐらいの気持ちで望んだ方が良い結果につながります。


・年収アップの根拠を明確にする
ただ単に、希望を伝えるだけではいけません。希望をはっきり伝えるからには根拠を明確にする必要があります。企業側にとっても、それだけの給料を払うのに見合う人材なのか、前職の年収に対してそれだけのアップをすることが妥当なのかを判断する材料が必要なのです。

では、今現在年収が500万円で600万円を目指す場合を考えてみます。その差は100万円ですのでその根拠を説明することになります。まず、36万円は家賃補助分にあたることを説明します。更に、今年は昇給により月々1万円、年間12万円の年収アップが見込まれていると説明します。残りは50万円ほどですが、ここで、これまでの経験や実績をアピールするとともに、入社後会社にもたらすメリットをアピールします。これらの実績や今後の貢献を考えると50万円程度のアップは妥当であると説明します。

そして最も大切なのが、実際の面接の際にこれらの根拠を自信を持って説明するということです。たどたどしく説明してはいけません。はっきりと、さもそれが当然であるかのように説明します。そうすることで、面接官もこちらの希望する年収に納得するのです。


これらのポイントを押さえれば、きっとあなたも転職で100万円以上の年収アップが実現できるはずです。

マイホーム

頑張るということと稼ぐということは全く別というお話


結婚した、子供ができた、家を買った、そんな話をすると必ずと言っていいほどこんなことを言う人がいるですよね。

「頑張って稼がないと」

この言葉を耳にするたび違和感を覚えてしまうわけです。頑張ることと稼ぐことがどうつながるのかって。

もしこの理論が成り立つんだったら、「給料の高い順=頑張っている順」ってことになってしまう。年収500万円の人より年収1000万円の人のほうが2倍頑張っていると言えますか?自分より給料が高い人がみんな自分より頑張っていると思いますか?

そもそも「頑張る」の定義が曖昧ではあるけど、仕事に対して持ってる力を出来る限り注ぎこむってことかなと思う。仮にそうだとすると、力を注げば稼げるかって言うと、そういう時もあればそうでない時もあると思う。結局、「頑張る」ってあくまでプロセスであって、結果ではないんですよね。毎日終電、休日返上で頑張って頑張って働いて、結果プロジェクトは大幅な赤字でした。でも頑張ったんだから給料上げてくださいって言っても無理な話なわけで。

頑張るってことを否定しているわけじゃないけど、頑張ってさえいれば稼げるって考えるのは間違いだと言いたい。どこか「楽して稼ぐのは悪」みたいな考えが蔓延していて、それがいつしか「頑張れば稼げる」という幻想を生み出しているようにも思えてしまう。でも冷静に見れば現実はそうはなっていないということに気付くはず。本当に力を注ぐべきは「どうすれば稼げるのか」ってとこであって、そのためのプロセスは極端に言えばどうでもいいと思う。※もちろん非合法や非人道的なプロセスはいけません。

と色々書いたわけですが、結局、稼ぐためには「どうすれば稼げるのかって」ってところに力を注ぎなさいってことで、もしそういう意味で「頑張って稼がないと」言ってるなら、すでにやってるから大きなお世話ですと言いたい。

飲みかけの缶コーヒー

なぜ収入を増やすために労働時間を増やしてはいけないのか


今回は私が年収アップを続けるうえで常に心がけていることの1つを紹介したいと思います。

・収入アップのために労働時間を増やすのは禁物
さて、収入アップを考えた場合、まず思いつくのが残業を増やすことではないでしょうか。
「残業するにはまず仕事が無いと始まらない」とか、「うちの会社じゃ自由に残業できない」とか、「残業したところで残業代なんか付けられない」とか、色々ご意見があるかもしれませんが、そこは今回は目をつぶって下さい。

収入アップのために労働時間を増やすことは最もやっては行けない行為です。

・越えられない壁
確かに労働時間に応じて収入は増えることになりますが、それにも限度があります。
1人1人に与えられた時間は皆平等に24時間しかないからです。
仮に、時給1000円の人が、24時間365日働いたとしても、

1,000円 x 24時間 x 365日 = 8,760,000円

年収1000万円を超えることは出来ません。(労働基準法等は全く考慮していませんのでご了承下さい。)

しかも、労働時間を増やすことによって、自分の時間がなくなったり、体調を崩したりと様々なマイナス要素が出てきます。

・時給を上げる努力をする
では、年収をアップさせるためにはどうすればいいのか。それは、時間単価、つまり時給を上げる努力をすることです。そんなに簡単に上がるなら苦労しないと言われるかもしれませんが、よく聞いてください。

まずは、トータルの収入ではなく単価を上げる努力をしてください。

つまり、今までやっていた仕事の効率を上げてより短時間で終わらせる努力をしてください。8,000円の仕事を8時間かけてやっていたところ7時間でできるようになれば、時間単価は上がったことになりますね。

8,000円 ÷ 8時間 = 1,000円
8,000円 ÷ 7時間 = 1,142円

・浮いた時間でさらに時給を上げる
次に、浮いた1時間で更に時給を上げる努力をします。

例えば、勉強して資格をとるとか、英語を身につけるとか、とにかく自分の価値を高めることに余った時間を使って下さい。
自分の価値を高めることが出来れば、本質的な時給アップにもつながり、トータルの収入も増えてくるはずです。

例え、社内で自分の価値を高める努力が認められなかったとしても、転職でその価値を認めてもらえるチャンスは十分にあります。面接で、長時間働くだけが取り柄の人と資格取得や英語力強化に積極的な人のどちらが有利かは誰が見ても明らかですよね。

そして、労働時間と違い、自分の価値には上限はありません。もともと時給1,000円だったのが、5,000円、いや、1万円にだってなる可能性はあるのです。

もし収入のために残業しているのなら考え方を変えて見ませんか。きっとあなたの年収アップにつながるはずです。

 

サラリーマンが年収1000万円を超えるためのたった1つの必須条件とは


年収1000万円を超えられればと思っているサラリーマンも多いのではないでしょうか。私自身も1つの目標にしている数字です。まだ超えていないのにこんな記事を書くなと言われそうですが、射程圏内に捉えたと感じている今だからこそ書かせてください。

みなさんなら年収1000万円を超える必須条件と言われて何が思い浮かびますか。
学歴?才能?努力?人脈?

どれも必須ではないと私は思っています。

私の答えは、「年収1000万円もらえる可能性のある会社で働くこと」です。

なにそれ?そんなの当たり前じゃないかと言われそうですが、案外間違った認識を持っている方が多いです。

自分がこれだけ頑張って500万円しかもらっていないのだから年収1000万円の人はもっと頑張っているのでは?と考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。年収500万円の人より年収1000万円の人が必ずしも優れているとは限りませんし、必ずしも努力しているとも限りません。

別の言い方をすると、会社の給与体系的に年収800万円が上限の会社でいくら働こうが年収1000万円を超えることは出来ません。大切なのは、年収1000万円もらえる可能性のある会社に勤めて、そこで結果を出すことです。

初めに「射程圏内に捉えた」と書きましたが、私の会社には年収1000万円超の人がゴロゴロいます。年収2000万円超の人もそれなりにいると思います。つまりは、今現在私は必須条件を満たしていることになります。

後は自分の努力次第で、近い将来、年収1000万円を超えられると確信しています。

転職で年収はこう変わった!転職経験3回の私の場合


転職を考えるには色々理由があると思います。その中でも年収UPが第1という方も多いはず。
実際私も2社目から3社目への転職の大きな理由が年収UPでした。

では、実際のところ転職で年収は上がるのでしょうか?
私の場合はこうです。

1社目から2社目:360万円から400万円 (40万円アップ)
2社目から3社目:480万円から620万円 (140万円アップ)
3社目から4社目:680万円から800万円 (120万円アップ)

年収推移についてはこちらの記事を御覧ください。
7年間で年収2倍以上。経歴と年収推移を紹介するよ

いずれも年収アップにつながっています。
もう少し詳しく見ていきます。

・1社目から2社目
2社目に転職する際、特に年収交渉した覚えがありません。
取り敢えず正社員で働ければという気持ちがあったので、私としてもそれほど年収には拘っていませんでした。
月収は派遣時代とそれほど変わらず、正社員になったことでボーナス分だけ年収増につながりました。

・2社目から3社目
この時の転職は年収アップが大きな理由の1つでした。
自分の価値に対して給料が安すぎると感じていましたので、3社目を決める際の最低条件として年収600万円以上を希望として出していました。
それが通る形で、結果的に140万円アップが実現できました。

・3社目から4社目
この時はそれほど年収に拘っていた訳ではありませんが、あるテクニック(?)により120万円アップが実現できました。


私の場合、3回の転職がいずれも年収アップにつながりましたが、転職で必ずしも年収が上がるとは思っていません。
年収が上がるからにはそれなりの理由があります。
それについてはまたいずれ書きたいと思います。