必要な人は10人に1人!?エンジニアに英語力は必要か


結論から言いますと、必要な人は必要でしょうし、要らない人は要らないでしょう。
はい、終了。
って、いやいやそんな記事を書くつもりは無いです。正確に言うと必要ないと思っている人は要らないというのが正しいかも。

外資系に勤めている限り、求められるレベルは人それぞれですが全く必要ないという人はほぼいないでしょう。英語嫌いな人はそこそこいますが。。。

では日系企業に努めている場合はどうかというと、必要ないと思っている人は要らないというのが私の答えです。

以前、IT企業に勤める友人にこんなことを言われました。
「英語が必要な人は10人に1人なんだって。それを聞いて勉強する気がなくなっちゃたよ。」

確かに、本当に英語が必要な人はそんなものだと思います。ただ、だからといって勉強する気をなくすのはどうかなぁと思うわけです。周りがどうであれ自分が必要だったら勉強すればいいと思うんですよね。むしろ勉強しないから英語の重要性に気づいていないだけで、やればやるほどもっと英語力が必要だと気づくものです。

日本語の情報だけで足りている人は、英語が読める必要は無いでしょう。
海外のエンジニアに問い合わせする機会がなければ、英語が書ける必要もないでしょう。
海外のトレーニングを受講する機会がなければ、英語が聞ける必要も話せる必要も無いでしょう。
ただし、自分が閉じられた狭い部屋にいるということだけはお忘れなく。

私自身、日系企業にいる頃から英語の勉強は続けてきました。初めはそれほど英語力を必要とはされていませんでした、英語力が付くにつれて仕事の幅も次第に広がって行きました。それにともなって、どんどん英語力が必要とされるようになってきました。友人の言葉に戻りますが、英語が必要な人は10人に1人というのは、私としては英語力を仕事で使えるようになれば10人に1人の価値ある人材になれるというだと思うんです。

さて、あなたにとって英語力は必要ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>